【公式】別邸 福の花 浜松町|やまぐち山海の恵み > 酒蔵
2016/08/8 | 【酒蔵】長門峡 岡崎酒造場

皆様は、日本酒「長門峡」を飲まれたことはあるでしょうか。

 

長門峡はきれいで済んだ水を使用した純米吟醸酒、純米酒、吟醸酒、大吟醸酒を精魂込めて造っています。

 

毎年全国新酒鑑評会という発表会が開かれているのですが、岡崎酒造場は数多くの賞を受賞しており、金賞を受賞した実績も持っています。

 

製造している酒蔵「岡崎酒造場」は山口県萩市に酒造場を構えています。

 

萩市というのは日本海に面しており、島根県との県境にある、山口県東部の町です。

 

阿武川という面積の広い清流がすぐそばを流れているので、酒造りには欠かせないきれいな水が手に入りやすい地域にあるのが特徴です。

 

長門峡は昔から景勝地として親しまれており、岡崎酒造場はこの場所で大正10年に創業しました。

 

しかし、ダム工事によって移転を余儀なくされてしまい、昭和45年に現在の場所へ移動したのです。

 

自然が多く、きれいな水を得られる地域で日本酒造りを行ってきた岡崎酒造場ですが、日本酒というのはいろいろな特徴があります。

 

日本酒は米と米麹、水を使用して作られており、アルコール度数が22度以下という定義があります。

 

米を低温でじっくりと発酵させて日本酒を作る方法を吟醸造りと呼ばれており、多くの日本酒はこの種類となります。

 

また、醸造用アルコールを添加していない無添加の物を純米酒と呼んでおり、昔からのお酒として現在でも親しまれています。

 

このように発酵方法や精米歩合、醸造用アルコールの添加などによって、日本酒の種類が変わってくるのです。

長門峡_辛口

酒造りの中でも日本酒はとても技術のいる仕事になります。

 

杜氏と呼ばれているリーダーの力量で、酒の味が大きく変わってくるので、人選も重要になるでしょう。

 

日本酒というのは生き物なので、自分の子供を育てるような感覚で仕事をしていると言います。

 

このように高度な技術と高い知識があるからこそ、おいしい日本酒ができるのです。

 

岡崎酒造場では、常に製造販売している日本酒以外にも、季節限定の日本酒があります。

 

とても人気があり、原料にこだわった人気のお酒となっているのです。

 

ぜひご来店の際は、お試しください。

・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・
【豪華な山口郷土料理で華やぐ居酒屋】
やまぐち山海の恵み 別邸 福の花(べっていふくのはな) 浜松町・大門店

「静」に包まれた凛とした空間の和室は「接待」「会食」「お顔合わせ」などの大切なお席に最適です。
会社のご宴席、ご宴会におすすめの最大50名までの完全個室のお席もご用意しております。浜松町では屈指の上質宴席スペースです。
お祝いや法要などのご慶事のご利用に適した座敷の個室もございます。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら / お電話:050-7301-4905
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2−6 大塚 ビル B1~2F

◆ただいま、忘年会の早期ご予約をお受けしております◆
・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・

2016/08/2 | 【酒蔵】金冠黒松 村重酒造

皆様は、日本酒「金冠黒松」を飲まれたことはあるでしょうか。

麹米に「西都の雫」を使用し、錦川の伏流水を用いて仕込んだ純米酒です。

ふくよかな米の香りと純米酒ならではの味わい深さを持つお酒で、冷やでも燗でもお楽しみいただけます。

この「金冠黒松」を製造しているのが、山口県岩国にある「村重酒造」です。

日本三名橋の一つ「錦帯橋」の上流約5キロにさかのぼった山あいに位置します。

昭和34年に明治初期創業の名門・森乃井酒造株式会社を継承したことを起源とします。

kinkan_jungin_all_s

特徴としては、「米」と「仕込水」へのこだわりがあります。

酒造好適米の王様といわれる「兵庫県特A地区の山田錦」をはじめ、 山口県産「五百万石」「山法師」、山口県独自の酒造好適米でもある「西都の雫」を主に使用。

それぞれのお米の持ち味を最大限に生かし、味わい深く、風味豊かな酒を造り上げていきます。

※酒造好適米とは、大粒で心白があり、蒸米にしてふっくらと弾力があること、粗タンパクや粗脂肪が少ないことが条件です。

また、清流錦川の伏流水(超軟水:巌流井戸)と、蔵近くの石灰岩の地層から湧き出る井戸水(硬水:観音井戸)を、求める酒質に応じて使い分けます。

硬水は、辛口の酒向き、軟水は甘口の酒向きとも言われます。

一つの酒造場に2種類の水質の違う井戸を持つので、幅のある酒造りができます。

代表銘柄である「金冠黒松」の名前の由来は、古来、黒松は式典、結婚式等お祝い事には必ず飾られた喜びを象徴するものでしたが

初代蔵元がその酒を飲む事によって皆様により多く幸せがもたらされる様、金冠を上に載せ金冠黒松と名付けました。

2006年より全国酒類コンクール 吟醸・大吟醸酒部門で6度、第1位を受賞。以外の品評会やコンペティションの受賞歴が多数あります。

ぜひご来店の際は、お試しください。

・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・
【豪華な山口郷土料理で華やぐ居酒屋】
やまぐち山海の恵み 別邸 福の花(べっていふくのはな) 浜松町・大門店

「静」に包まれた凛とした空間の和室は「接待」「会食」「お顔合わせ」などの大切なお席に最適です。
会社のご宴席、ご宴会におすすめの最大50名までの完全個室のお席もご用意しております。浜松町では屈指の上質宴席スペースです。
お祝いや法要などのご慶事のご利用に適した座敷の個室もございます。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら / お電話:050-7301-4905
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2−6 大塚 ビル B1~2F

◆ただいま、忘年会の早期ご予約をお受けしております◆
・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・

2016/08/1 | 【酒蔵】獺祭 旭酒造

皆様は、「獺祭」を飲まれたことはあるでしょうか。

「カワウソ」の祭り、と書いて「だっさい」と読みます。

この獺祭を造っているのは、山口・岩国市の山里にある旭酒造。

昭和23年設立で、現社長の桜井氏が蔵を継いだ30年前の旭酒造は、全国的には全く無名の小さな酒蔵でした。

しかし、日本酒業界の常識を破り、独自の酒造りを次々と実践してきたことで、現在は世界で最も有名な日本酒の一つとしての地位を確立しました。

獺祭集合

「杜氏を置かず社長と社員だけで醸造」

経営者は酒造りに関わらず、販売に徹することが一般的。ところが旭酒造は杜氏制を廃止して、顧客の声をそのまま反映できるよう社長と社員のみで酒造りを行う体制にしました。

「四季醸造」
通常の酒造りは冬から春先にかけて仕込み、夏の間に寝かせますが、旭酒造は全国でも珍しい四季醸造(冬場のみでなく、年間を通じて酒を造る)の体制を敷きました。

蔵内を年中摂氏5度に保つ、完璧な空調設備を導入したことで、同規模の醸造設備を持つ酒蔵と比べて、2倍にのぼる生産能力を手に入れたとのことです。

「純米大吟醸のみを醸造」
普通酒や紙パック酒の製造を廃止し「無理せず、高品質な吟醸酒をそれなりの価格でお客様に提供する」ことを目的に、小さな蔵の強みを生かし、

小規模な仕込みでないと高品質が保ちにくい大吟醸だけを醸造しています。

「極限まで米を磨き究極の日本酒を」

「磨き」とは、精米して雑味となるタンパク質などを取り除く作業のことで、磨けば磨くほど、時間もかかり、生産コストも上がることになりますが

そこから「獺祭二割三分(米の23%しか使わない)」が生まれました。インターナショナルワイン&スピリッツコンペティションで世界一を獲っています。

別邸福の花浜松町では、「五割」「三割九分」「二割三分」をお飲みいただけます。

ぜひご来店の際は、お試しください。

・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・
【豪華な山口郷土料理で華やぐ居酒屋】
やまぐち山海の恵み 別邸 福の花(べっていふくのはな) 浜松町・大門店

「静」に包まれた凛とした空間の和室は「接待」「会食」「お顔合わせ」などの大切なお席に最適です。
会社のご宴席、ご宴会におすすめの最大50名までの完全個室のお席もご用意しております。浜松町では屈指の上質宴席スペースです。
お祝いや法要などのご慶事のご利用に適した座敷の個室もございます。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら / お電話:050-7301-4905
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2−6 大塚 ビル B1~2F

◆ただいま、忘年会の早期ご予約をお受けしております◆
・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・

やまぐち山海の恵み
別邸 福の花 浜松町店

《営業時間》
月~金
ランチ 11:30~14:15
ディナー 17:00~23:00

《定休日》
土曜日・日曜日・祝日
《住所》
〒105-0013
東京都港区浜松町2-2-6
大塚ビルB1~2F
《電話番号》
TEL 050-5499-0587