【公式】別邸 福の花 浜松町|やまぐち山海の恵み > 未分類 > 山口の夏の旬‐食べ物編特集十~別邸福の花浜松町
山口の夏の旬‐食べ物編特集十~別邸福の花浜松町 2017.05.25

こんにちは、別邸福の花です。
私たちは日常的に食べている主食は、ご飯にパン、そして麺があると思います。
今回の主人公のヒントは麺類。この麺の製法は昔々、中国から伝わってきたものでした。

鎌倉時代から始まるというその麺は、寺院用の食事よして広まり、まだ庶民が口にできる食事ではなかったそう。江戸時代になると一般市民にも流通するようになり、現代では夏の食事の定番。茹でるだけでなく炒め物などにもするようになりました。

前置きが長くなりましたが、今回の主人公は「そうめん」です。
こんにちは、別邸福の花です。
私たちは日常的に食べている主食は、ご飯にパン、そして麺があると思います。
今回の主人公のヒントは麺類。この麺の製法は昔々、中国から伝わってきたものでした。

鎌倉時代から始まるというその麺は、寺院用の食事よして広まり、まだ庶民が口にできる食事ではなかったそう。江戸時代になると一般市民にも流通するようになり、現代では夏の食事の定番。茹でるだけでなく炒め物などにもするようになりました。

前置きが長くなりましたが、今回の主人公は「そうめん」です。
下関市菊川で名産として名高い「菊川そうめん」は、下関ブランドの1つ。11回・2昼夜かけ手作業で引き伸ばされ、厳冬の空気にさらされる菊川のそうめん作り。市内でも自然豊かな盆地である菊川では、そうめん作りが昔から盛んに行われてきました。冬場の生産時期には、寒空の下で空気にさらされるそうめんの景色がみられるそう。そして夏本番を迎えるこの季節、私たちの食卓にあがる姿は「夏の旬」と言っても良いと感じます。

ちなみに、7月7日は七夕であると同時に、「そうめんの日」でもあります。中国では七夕の日に索餅を食べて病気を祓う習慣があり、その習慣が日本ではそうめんを食べることにつながっているそうです。夏真っ盛りの当日、いつもと少し違った気持でそうめんを食べてみたらいかがでしょうか。

10回に渡って行いました今回の「夏の旬」シリーズ。読んでくださった皆様に、少しでもこのテーマが知識となって伝わっていたらうれしいです。

それでは、またどこかで。ご精読、ありがとうございました。
http://www.soba-udongyoukai.com/info/2011/2011_0703_soumen.html
http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/10693

こんにちは、別邸福の花です。
私たちは日常的に食べている主食は、ご飯にパン、そして麺があると思います。
今回の主人公のヒントは麺類。この麺の製法は昔々、中国から伝わってきたものでした。

鎌倉時代から始まるというその麺は、寺院用の食事よして広まり、まだ庶民が口にできる食事ではなかったそう。江戸時代になると一般市民にも流通するようになり、現代では夏の食事の定番。茹でるだけでなく炒め物などにもするようになりました。

前置きが長くなりましたが、今回の主人公は「そうめん」です。
下関市菊川で名産として名高い「菊川そうめん」は、下関ブランドの1つ。11回・2昼夜かけ手作業で引き伸ばされ、厳冬の空気にさらされる菊川のそうめん作り。市内でも自然豊かな盆地である菊川では、そうめん作りが昔から盛んに行われてきました。冬場の生産時期には、寒空の下で空気にさらされるそうめんの景色がみられるそう。そして夏本番を迎えるこの季節、私たちの食卓にあがる姿は「夏の旬」と言っても良いと感じます。

ちなみに、7月7日は七夕であると同時に、「そうめんの日」でもあります。中国では七夕の日に索餅を食べて病気を祓う習慣があり、その習慣が日本ではそうめんを食べることにつながっているそうです。夏真っ盛りの当日、いつもと少し違った気持でそうめんを食べてみたらいかがでしょうか。

10回に渡って行いました今回の「夏の旬」シリーズ。読んでくださった皆様に、少しでもこのテーマが知識となって伝わっていたらうれしいです。

それでは、またどこかで。ご精読、ありがとうございました。

下関市菊川で名産として名高い「菊川そうめん」は、下関ブランドの1つ。11回・2昼夜かけ手作業で引き伸ばされ、厳冬の空気にさらされる菊川のそうめん作り。市内でも自然豊かな盆地である菊川では、そうめん作りが昔から盛んに行われてきました。冬場の生産時期には、寒空の下で空気にさらされるそうめんの景色がみられるそう。そして夏本番を迎えるこの季節、私たちの食卓にあがる姿は「夏の旬」と言っても良いと感じます。

ちなみに、7月7日は七夕であると同時に、「そうめんの日」でもあります。中国では七夕の日に索餅を食べて病気を祓う習慣があり、その習慣が日本ではそうめんを食べることにつながっているそうです。夏真っ盛りの当日、いつもと少し違った気持でそうめんを食べてみたらいかがでしょうか。

10回に渡って行いました今回の「夏の旬」シリーズ。読んでくださった皆様に、少しでもこのテーマが知識となって伝わっていたらうれしいです。

それでは、またどこかで。ご精読、ありがとうございました。
http://www.soba-udongyoukai.com/info/2011/2011_0703_soumen.html
http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/10693

やまぐち山海の恵み
別邸 福の花 浜松町店

《営業時間》
月~金
ランチ 11:30~14:15
ディナー 17:00~23:00

《定休日》
土曜日・日曜日・祝日
《住所》
〒105-0013
東京都港区浜松町2-2-6
大塚ビルB1~2F
《電話番号》
TEL 050-5499-0587