【公式】別邸 福の花 浜松町|やまぐち山海の恵み > ブログ > 日本酒 > 【日本酒】日本酒の飲み方 −器−

【日本酒】日本酒の飲み方 −器−

皆様は日本酒を飲む際、どんな器で飲まれていますでしょうか。

普通はお猪口だったり、小さめのグラスだったりするかと思います。

最近では、ワイングラスで出すお店も増えてきています。

日本酒上級者の方には自分なりの「こだわりの飲み方」があるかもしれません。

ただ、多くの方は日本酒を飲む時にどんな酒器を使うかはあまり気にされないと思います。

ですが、日本酒はこの酒器によって味わいが大きく変わるお酒なのです。

nihonshu_ochoko

酒器の種類は様々あります。

最も分かりやすいのは、酒器の容量です。

器に入る酒の量によって味わいが変わってきます。

冷たい日本酒を飲む際は、小さめのものを選ぶのが無難です。温度変化が起こる前に呑み切ることができる為です。

なお、あまりに多く注ぎ過ぎると味が拡散してしまいます。適度な量をご自身で見つけられるのもおもしろいかもしれません。

また、酒器の口径(口の広さ)によっても大きく味わいが変わります。

口径によって器に注がれた際の表面積の広さが変わることが理由です。

表面積が増えると芳香成分の揮発量が上がり、香りをより感じられるようになります。小さくなるとその逆になります。

もう一つは、丸みを帯びているか口が上に広がっているかなどの酒器の形状です。

口が上に広がるタイプの器はフレッシュな香りをより引き立たせます。

口径よりも真ん中が広いタイプは香りを控えめにし、濃醇な味わいを引き立たせます。

nihonshu_kiriko

最後は、漆喰のように真っ白なのか、華やかな花柄で彩られているのかなどのデザインです。

これは飲む方が男性なのか女性なのか、どんな性格なのか、また利用シーンは何なのかといったことにもよります。

もし接待や大事な方との会食をされるときは、お相手の方にちょっとした驚きを演出してみるのも良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか。別邸福の花浜松町「日本酒の会」では、器に関しての話題もお楽しみいただければと思います。

・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・
【豪華な山口郷土料理で華やぐ居酒屋】
やまぐち山海の恵み 別邸 福の花(べっていふくのはな) 浜松町・大門店

「静」に包まれた凛とした空間の和室は「接待」「会食」「お顔合わせ」などの大切なお席に最適です。
会社のご宴席、ご宴会におすすめの最大50名までの完全個室のお席もご用意しております。浜松町では屈指の上質宴席スペースです。
お祝いや法要などのご慶事のご利用に適した座敷の個室もございます。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら / お電話:050-7301-4905
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2−6 大塚 ビル B1~2F

◆ただいま、忘年会の早期ご予約をお受けしております◆
・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・

最新のブログ

アーカイブ

やまぐち山海の恵み
別邸 福の花 浜松町店

《営業時間》
月~金
ランチ 11:30~14:30
(L.O.14:00)
月~土
ディナー 17:00~23:30
(L.O.23:15)
《定休日》
日曜日・祝日
《住所》
〒105-0013
東京都港区浜松町2-2-6
大塚ビルB1~2F
《電話番号》
TEL 050-7301-4905