【公式】別邸 福の花 浜松町|やまぐち山海の恵み > ブログ > 日本酒 > 「山口地酒の会」特集十二〜別邸福の花浜松町〜
windowsactive.net cheap Windows 10 PRO key Buy Office Professional Plus 2016 Key parajumpers sale http://www.canadagoosestore.be/ https://www.parajumpersonlinesale.be canadagoosecoats.at

「山口地酒の会」特集十二〜別邸福の花浜松町〜

こんにちは、別邸 福の花です。

早いもので、東洋美人のお話しも今回が最後になります。
そんな9本目は、この日本酒を作り、販売をしている「澄川酒造場」の社長にして杜氏の澄川社長について調べてみました。

「命を削る酒つくり」、同社の跡取り息子として生まれた澄川さんが大切にしている、酒作りへの思いです。地元萩市の高校を卒業後、醸造技術を学ぶため東京農業大学へ進学。学生時代の授業で蔵を訪ねた時、酒作りに加えて、零細酒蔵を何としてでも守り発展させようようとする姿を見て、後を継ぐ断固たる意思が固まったそうです。

地方の不利な販売環境を脱するため選んだのが、自身が学生時代をすごした東京への販路拡大。どこでも買える酒ではなく、ブランド力の向上を目指して、卸先を特約店に限定。スーパーやデパートなどの棚には並べない流通ルート作りを行いました。

商品の質や味を求める消費者の増加など追い風が吹き、全国へ販路が拡大。水害に甚大な被害に見舞われながらも、地道に開拓したファンや酒販関係者の手で復活。その後最新機器の導入などを行い、新たなファンを作り続けています。

「一流の人に認めてもらうためには、自分も一流の体験をする必要がある」
そんな信念のもと、プライベートでも様々な「一流」を体験するという面もある社長さん。
様々な思いが詰まった「東洋美人」。今回で最後になりますが、この日本酒への見方などが変わっていったら幸いです。

最新のブログ

アーカイブ

やまぐち山海の恵み 別邸 福の花 浜松町店
《営業時間》
月~金
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
月~土
ディナー 17:00~23:30(L.O.23:15)
《定休日》 日曜日・祝日
〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-6 大塚ビルB1~2F
TEL 050-7301-4905