【公式】別邸 福の花 浜松町|やまぐち山海の恵み > ブログ > 歓迎会 > 別邸福の花浜松町での歓迎会・送別会(その五)

別邸福の花浜松町での歓迎会・送別会(その五)

このブログ記事を書いている部屋の窓の外では、白い雪が降り続いています。
雪があまり降らない地域で育ったせいで、幼い頃は雪が降る度に大喜びして、雨に変わって溶けてしまうと、気分が沈んだものでした。同じ日の山口県の天気予報を見ると、今日は瀬戸内海側の天気が雪模様。これって、よくある天気なのでしょうか。

さて、本日は宴会メニュー紹介第二弾です。雪をも溶かす情熱的なメニューを紹介していきましょう。それは、「県産山海の幸と瓦そばの宴」コース。熱した瓦の上で焼いて食べる「瓦そば」が中心のメニュー。はからずも、積もった雪も溶かせそうに思えますね。お値段は、2.5時間飲み放題込みでお一人様6000円(税込み)。

メインの瓦そばへたどり着くまでに、今回のコースだけのお料理をお楽しみいただけます。「とめ肴」として召し上がっていただく、「長門アカモク 長いもポン酢」。あまり馴染みのない「アカモク」は、九州から北海道まで幅広く分布する海藻です。長門市の特産品として普及の動きがあります。

参照:長門市HP
https://www.city.nagato.yamaguchi.jp/wadairoot/wadai/20160329akamoku.html

魚や肉などの肉をすり潰して、山芋や卵白をつなぎに形を整えた練り物、それが「真丈(しんじょう)」です。豊富な漁場である瀬戸内海を持つ山口県は、昔から練り物産業がさかん。このコースでは、「菜の花真丈」で主菜として召し上がりください。

そしてお食事はもちろん「瓦そば」。下関市豊浦町の川棚温泉発祥で、茶そばを熱した瓦の上で具材と混ぜて食べる山口県のB級グルメです。同町観光協会によると、西南戦争の時、薩摩軍が瓦を使って肉や野菜を食べたという古事が発症とのこと。

参照:豊浦町観光協会HP
http://www.toyoura.net/charm/gourmet/kawarasoba/

まだまだ寒い季節が続きますが、暖かくなるまであと少し。徐々に近付く歓送迎会に、こちらのコースご利用のご検討をよろしくお願いします。

最新のブログ

アーカイブ

やまぐち山海の恵み
別邸 福の花 浜松町店

《営業時間》
月~金
ランチ 11:30~14:30
(L.O.14:00)
月~土
ディナー 17:00~23:30
(L.O.23:15)
《定休日》
日曜日・祝日
《住所》
〒105-0013
東京都港区浜松町2-2-6
大塚ビルB1~2F
《電話番号》
TEL 050-7301-4905