【公式】別邸 福の花 浜松町|やまぐち山海の恵み > ブログ > 席情報 > 別邸福の花浜松町の「空間」(その七)
windowsactive.net cheap Windows 10 PRO key Buy Office Professional Plus 2016 Key parajumpers sale http://www.canadagoosestore.be/ https://www.parajumpersonlinesale.be canadagoosecoats.at

別邸福の花浜松町の「空間」(その七)

美唄(びばい・北海道)
室蘭(北海道)
福島(福島県)
東松山(埼玉県)
今治(愛媛県)
久留米(福岡県)
そして、長門(山口県)
 
この7つの都市。「日本の7大やきとり都市」と呼ばれています。
 
山口県長門市は、県内有数の「養鶏の街」。
 
そしてこの街は、年間出荷量は約3万羽、県が10数年の歳月を経て2009年に開発した、県内初の地鶏「長州黒かしわ」の主要生産地です。
 
もちろん、「別邸 福の花」の看板メニューの1つ。
 
そのルーツは、島根県と山口県で古くから飼育されてきた中型の鶏で、国の天然記念物長鳴鶏(ながなきとり)の「黒柏鶏」。
 
その外見は、緑黒色に光る羽に長い尾に赤いとさかと耳たぶ。7~8秒の長い間鳴くのも特徴の1つです。
 
その美味しさは、肉や魚に含まれるうま味成分、「イノシン酸」の含有量に表れています。
 
黒かしわ
長州黒かしわの公式サイトの情報では、プロイラーで育まれた鶏が94.0なのに対して、142.7(雄の場合・単位は㎎/100g)と高い数値が含まれていることがわかります。
 
養鶏場によっても異なりますが、抗生物質や合成抗菌剤を付かない配合飼料だけでなく、地元産米やちくわ、酒かすを与えるところもあるそう。
 
また、平飼時、100メートル四方に10羽以下の広々とした環境、通常の倍近くの約100日の飼育期間。
 
様々な生産者の「こだわり」が最高級ブランドの美味しさを支えています。
 
「日本鶏本来の美味しさを味わっていただけます」
 
「別邸 福の花 浜松町」で味わえる「長州くろかしわ」は、肉の味を活かしたとりわさや焼き鳥で。
 
長門やきとりのネギマは本来玉ねぎを使うそうですが、ここでは長ネギを使用。「長州黒かしわ」は、こちらの方が相性良いそうですよ。
 
ぜひ、ご賞味あれ。

最新のブログ

アーカイブ

やまぐち山海の恵み 別邸 福の花 浜松町店
《営業時間》
月~金
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
月~土
ディナー 17:00~23:30(L.O.23:15)
《定休日》 日曜日・祝日
〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-6 大塚ビルB1~2F
TEL 050-7301-4905