【公式】別邸 福の花 浜松町|やまぐち山海の恵み > ブログ > 日本酒 > 【山口の誇る日本酒】別邸福の花浜松町が推す「雁木」(その一)

【山口の誇る日本酒】別邸福の花浜松町が推す「雁木」(その一)

サクラが市花で、クスノキが市木、レンコン、白ヘビなどが有名で、
 
お城や観音水車でかまるくん、そして、錦帯橋という名所がある街…。
 
それが、山口県岩国市。
 
山口県の東部、広島県との県境にあります。中国地方の中心地である広島市までは約35kmという立地なので、広島のベッドタウンの役割も果たしています。
 
9つ穴があり「見通しが良い」と。縁起物で多く使われるのが「岩国れんこん」。
 
官民一体となって保護に取り組む「岩国の白ヘビ」は、国の天然記念物。
 
地元特産の杉で作られた、直径12メートルの「観音水車かまるくん」は、元日本一の水車だそう。
 
そして、市のHPのトップにも出てくる国の文化財、錦帯橋。
 
IMG_6753
 
かつて城下町岩国を二分していた錦川をつなぐ「流されない橋」を目指して建てられたアーチ橋。そしてこの川は、瀬戸内海へ近つくと、
 
今津川と門前川という2つの川に分岐します。
 
その一方である、「今津川」のほとりに建つのが、今回の主人公、「雁木」を作る酒造「八百新酒造」です。ただひたすらに、
 
「純米酒」作りを続ける作り酒屋の歴史は、明治10年、この街から始まりました。
 
これから8回に渡り、日本酒「雁木」の周りにある様々なことを取り上げて、この一杯、この一本を紹介したいと思います。

最新のブログ

アーカイブ

やまぐち山海の恵み 別邸 福の花 浜松町店
《営業時間》
月~金
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
月~土
ディナー 17:00~23:30(L.O.23:15)
《定休日》 日曜日・祝日
〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-6 大塚ビルB1~2F
TEL 050-7301-4905